不同沈下修正/地盤改良に優れた効果を発揮する画期的な杭工法
ヘルカルピアシステム|サンマークシード お問い合せ電話番号
施工実績フローチャートブログ会社案内 トップページ
2014年05月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

フィードを取得
フィードを取得

ブログのトップへ戻る
 
« 沈下修正工法を考える その2 | Blogトップへ | キュービクル建屋沈下修正工事 埼玉県さいたま市 »
沈下修正を考える その3

2回にわたって主な沈下修正工法のリスクについてまとめてみましたが、いよいよヘリカルピア工法のリスクについて考えてみたいと思います。

  

一番重要な、「再沈下リスク」は?

ヘリカルピア工法は沈下修正工法の中ではサイドピニングに分類されます。 先端にらせん状の支持力盤がついた杭を回転貫入することで確実に支持地盤で支えます。建物自重を利用しない機械による貫入方式なので、新築時の基礎杭と同様に安全率3以上(建物荷重の3倍以上)の杭を施工することができます。なので、沈下修正工法の中では最も再沈下リスクが低いと言えます。しかし、もちろんながら100%保証するものではありません。

 

万が一再沈下した場合の「再調整」は?

再沈下リスクが最も低いとはいえ、100%ではありませんし、地震や液状化だって起こりうるわけですから、万が一を想定しなければなりません。なので、万が一再沈下してしまった場合、短期間で安価に再修正することが「リスクの低い安心工法」といえるでしょう。ヘリカルピア工法では基礎を支えるブラケットと呼ばれる部材に再調整機能があるため、再びジャッキを設置するだけで再修正することが可能です。掘削もわずかで済み、数センチ程度の調整でしたら材料費もかかりません。

 

「資産価値の低下」や「環境への負荷」は?

ヘリカルピアはネジと同じで反時計回りに回転させることにより簡単に杭を撤去することができるため、資産価値を下げることはありません。また、鋼製杭なので環境への負荷も少ないです。

 

「耐久性」は?

杭は住宅を縁の下で支え続けるわけですから、耐久性は重要な問題です。ヘリカルピアは全部材に溶融亜鉛メッキ加工が施されているので、 防食リスクは万全です。

 

な〜んだ、自画自賛じゃないかと思われるかもしれませんが、ヘリカルピア工法はリスクが少ない沈下修正工法なのです。というか、リスクを最小限にするために研究開発された工業製品なのです。

 

「安心な沈下修正工法」といえる理由 

ヘリカルピアは創業100年を誇る米国A.B.CHANCE社の工業製品です。そもそも、ヘリカルピア自体は沈下修正工法のために開発されたのではなく、住宅、ビル、鉄塔、街灯、最近ではソーラーパネルや風力発電などありとあらゆる分野の基礎杭として開発され発展してきたのです。その長年にわたる研究成果を50年ほど前に沈下修正分野に応用されたのがヘリカルピア工法なのです。だから、自信をもって「安心」をご提供できるのです。

 

「家の傾き修正ならヘリカルピア工法」 

再沈下リスクが低く、しかも再修正可能!だから安心杭工法

お問い合わせ・・・📩info@helix-hps.com 


沈下修正
地盤改良
システム概要
製品概要
支持力計算
お問い合せフォーム
ヘリカルジャパン株式会社
〒381-0001
長野県長野市大字赤沼86番地1
CHANCE
Copyright (C)2007 ヘリカルジャパン株式会社. All Rights Reserved.